注目キーワード
  1. 引継ぎ
  2. 同僚
  3. 社内ニート

職場の人間関係に関する悩みを払拭?褒め殺しスキルについて語ります

仕事をしていく上で「人間関係」について悩んでいる方はきっと多いのではないでしょうか。

 

「あいさつしても無視される」

「自分にだけ厳しい」

「仕事を押し付けてくる」
「常に機嫌が悪い」

「理不尽な対応をされる」など…
(あげれば、一冊の本ができてしまいそうになりますね…特集を組んでも面白いかもしれません)

 

仕事をしていると「どこにでも厄介な人っているよね〜」というセリフをよく聞きますがまさにその通りで、

私は2度転職を経験しており、それぞれで新人から怖がられる人・みんなから変わってると言われるような人、

いろんな人に会ってきました。

 

でも不思議なことに、私は人間関係で困ったことはほとんどありません。

正確に言うと、「苦手だった人」から「楽しくお喋りできる人」にいつしか変えることができたんです。

 

私の場合そういう人は決まって職場内のお局さまや課長などなど、、「人から怖がられている人」だったように思います。

職場内の人間関係などの環境が良いと仕事も断然しやすくなるし、余計なストレスもなくなりますよね。

 

今回は職場の人間関係を改善する上で心がけていることについてお話しします。

 

わたしの心がけていること

①  質問をする・悩みを相談してみる

私の経験上、いわゆる怖がられる人って「厳しい人」なのではないかなと思います。

なので基本的な仕事ができる・異動や転職で仕事内容が変わったという場合は、「今必死に仕事を覚えているぞ」という姿勢を見せることが大前提です。

その上で、業務に関することについて質問をしています。

基本スキルや調べればわかること質問は、こういう相手の場合は

「人にばっかり聞かずに調べなさい」と返って怒らせてしまうので絶対にNGです。

「〜〜したいと思っているのですがどうすれば良いのか相談にのっていただけますか?」

「○○でも調べたのですが分からなくて教えていただけますか?」

など自分の仕事に対する頑張りがみえるような質問や相談をすることが大事!

こうすることで相手に「仕事に真面目に取り組んでいる」「向上心があるな」と好印象を与えることができます。

私の経験上、新人や後輩から怖がられている人や厳しい人って、実は「世話焼きタイプ」だったりすることが多いと思います。

なので苦手だからといって避けるのではなく、むしろコミュニケーションをとる方が良い関係を築けたりするものです。

その最初のきっかけに仕事上の質問や相談は自身の仕事に対する向上心も見せられて一石二鳥です。

 

② 人間観察 〜褒めること。共通点を探すこと。〜

私も何度か職場で人事異動があり、異動先によっては、普段話すことがほとんどないメンバーばかりでした。

そこでさっそく実践したのはまさにコレです。人間観察。

私は普段から人間観察が趣味でよく人のことを見ているのですが、

観察というより無意識に情報収集をしているのだと思います。

「この人ってよく○○しているよな。」「この人の○○が変わったな。」

「この人って○○が好きなんや」などなど。

そうして「相手の良いところ」「共通の話題」が見つかればおもしろい具合に職場に溶け込むことができます。

例えば、「いつも掃除ありがとうございます!」「ほんとデスクの整理上手ですよね〜」

「私もこの漫画好き!好きなキャラは?」など。

私は上司のマツエク、ネイル変更すら見逃しません(笑)

また、業務をしていく上でよく使えるのが「さ行の褒め言葉」です。

 

さ:「さすがですね〜」

し:「知らなかった!」

す:「すごい!」

せ:「センスある」

そ:「そうなんだ!」

 

使い方は簡単。なにかPC操作を教えてもらったときに「すごい!知らなかった!」

どうしても分からないことを教えてもらったときに「なるほど!さすがですね〜」といった感じです。

私はいつもこうして過ごしていくうちに、新しい環境や苦手だった人ともだんだん打ち解けて

気軽に話せるようになりました。

 

 

人間関係を改善するもしないも自分次第

もちろん人間ですから合う・合わないはあると思います。仲良くなる必要はないにしても、

仕事が円滑にできるよう最低限のコミュニケーションは必要ですよね。

コミュニケーションも待っているだけではなく、自分からアクションを起こしてみることが大切かもしれません。

今回紹介したことは、明日からでもできることだと思うので、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。