注目キーワード
  1. 引継ぎ
  2. 同僚
  3. 社内ニート

転職希望者必見! 魅力的になる営業マンの市場価値の上げ方

営業職で働いている方は、自分の市場価値が転職をするうえでとても重要な役割を果たします。魅力的な営業マンとして働くことができないと、転職がうまくいかないケースも考えられます。本記事では、転職する際に市場価値をどのようにしてあげるのかを紹介します。ぜひ参考にしてください。

営業職の市場価値とは

営業職での市場価値とはどのようなものを指すのでしょうか。転職をする方は、次のような要素で営業マンとしての市場価値がはかられます。次の要素は転職を検討している方にとって、とても重要な要素になるので、ぜひチェックしておくようにしましょう。

実績面で価値を測定

営業マンとして最も重要な要素は営業実績です。同じ業界で転職を検討している方であれば、販売実績はとても重要な要素になります。逆に営業マンとして全く営業実績が無い場合は、営業として転職をしても苦戦を強いられる可能性があります。

特に30代以上の方で営業マンが活躍する場合は営業実績が重要になることを認識しておくようにしましょう。

経験値で価値を測定

営業マンとしての実績が全くない方が営業として転職をしようと検討している場合、経験値はとても重要です。また、他の業界で営業スキルを活用したいという方も経験値はとても重要になります。

経験値という面で判断する場合、重要になるものがその職場でどのような仕事を経験したかということです。大型プロジェクトのリーダーを経験したことがある方や、誰もが知っている商品の開発に携わったことがあるといった経験があれば、営業マンに転身しても他の営業マンにはない新たな価値を見出すことができる可能性があるので、転職先でも重宝される可能性があります。

逆に営業成績が優れていても、どのように販売をおこなってきたかストーリーが見えないと、敬遠されることもあります。経験値は営業マンにとって重要な要素となるので、他の業種を検討している方、営業マンとして働くことを検討している方は自分の経験値を客観的に評価して、重宝される業種に絞り転職活動をおこないましょう。

伸びしろで価値を測定

20代の営業マンが転職活動をしても、経験値、実績ではキャリアのある営業マンに負けてしまうことがあります。そのような時に武器となるものが、伸びしろです。伸びしろといってもさまざまなことが想定されますが、端的に説明をすれば、その人が成長することで、会社にとって利益となる可能性があるかどうかということです。

将来性のある社員と判断されれば、経験値や実績が少なくても転職先で重宝される可能性があるので、自分にはどのような将来性があるのか客観的に分析をして売り込みをかけるようにしてください。

営業職の市場価値を上げる方法

営業職として市場価値をあげるためには働き方を工夫する必要があります。次のようなことを意識して営業マンとして活動をするように心がけるようにしてください。

納品だけにとどまらない

営業マンの中には、ただクライアントに言われた通り発注をして納品を繰り返しおこなっている方もいるのではないでしょうか。このようなやり方で仕事に取り組んでいると、ただ言われた通りに動いている営業マンにしか過ぎず、市場価値はあがりません。

営業担当先の指示にただ従って動くのではなく、プラスアルファで求められているかを提案しながら営業を仕掛ける営業マンになるように心がけましょう。

営業以外のスキルでアピールをする

営業以外でのスキルが市場価値を高めるために重要になります。例えば営業で商品をただ販売するのではなく、商品に関連する資格を保有することによって、より精度の高い営業活動をおこなうことができます。

営業マンにとって最低限求められているスキルを満たすだけではなく、それ以外に必要なスキルを兼ね備えていることをアピールするようにしましょう。

会社の要求だけで仕事をしない

営業活動をする際に、会社に言われた通りのノウハウだけで実績を積み重ねても、市場価値の高い営業マンであるとは言えません。大切なことは、営業活動を自分なりに工夫して分析をおこなうことができるかどうかということです。

会社の要求だけで営業をするのではなく、自分なりにどのようにすれば商品をうまく販売することができるのかを考えて最適な商品を提案するような営業マンを目指すようにしましょう。

他人を巻き込んだ営業をする

営業マンの中には自分一人で全てを完結してしまうという方も珍しいことではありません。しかし、このような営業をしていると、この人は人を巻き込んだ仕事ができないと思われてしまうことがあります。

営業活動をする際は自分一人で全てを完結させるのではなく、他人を巻き込んで効果的な営業をおこなうようにしましょう。

まとめ:営業マンとしての市場価値の底上げには人間力が必要

市場価値の高い営業マンになるために最も必要なことは、人間力の高い営業マンになるということです。人間力の高い営業マンになれば、同じ業界だけでなく、さまざまな業界で重宝される可能性があります。

一方でいくら社内での営業成績がよくても営業マンとして人間力が低いと転職市場では淘汰されてしまう可能性があるので、どのような業界でも通用することができる人間力を磨くようにしましょう。