注目キーワード
  1. 引継ぎ
  2. 同僚
  3. 社内ニート

会社を辞める時は慎重に。抑えるべき退職時のマナー

入社時には想いをもって熱意にあふれていた会社。しかし、そんな熱意も覚めてしまい、新たなチャレンジをするために転職をする方は少なくないと思います。

転職をするときは、できる限り会社との関係を保ちながら辞めたいという人がほとんどではないでしょうか。退職とはセンシティブで、今の仕事を空けてしまう、人手不足に陥れるというように会社にとってはマイナスな要素が強いです。
今回は、できる限りきれいに職場から去るためぼポイントをお伝えします。

感情的になる前に退職を伝える

退職をするということは、何かしら今の職場にマイナスな印象を持っている状態かと思います。
特に、「人間関係悪化」での退職理由となると、職場も自分も何かしら不満がたまってしまっている状態になっています。

不満をためて、上司にキレてしまったり、不満を爆発させて暴言を吐いてしまっては最悪です。
そんなことしてしまうと、職場との関係はすごく悪くなってしまいます。

感情的になる前に、退職意向をきっちりと伝え感情が爆発する前に速やかに退職しましょう。

退職日まではできる限り周りにばれないように

退職するにあたっては、上司、人事部に退職意向を伝え正式に受理されることで正式に認められます。それまでの間に周りに言いふらしてしまい、
上司に言う前に違う人から情報が入ってしまうと止めに入られたり、仕事がおろそかになっていないか?などマイナスな観点で評価されてしまいます。

退職すること自体後ろ向きなことなのに、レポートラインを守れないという点がプラスされるとより悪く見えてしまいます。
退職することは当事者にとっては前向きなことであるものの、周りにとってはよく見えないものです。

退職日までは穏便に有意義に周りのメンバーと過ごすことが必要です。

退職の意向は固まった段階で早急に!

退職をするということは現状の仕事対応に空きを空けてしまうということになります。
ただ陥りがちなのが、退職日=次の職場の入社日となっており、報告時点から期間がないというケースです。
こうなってしまうと、今の業務の引継ぎや体制の見直しなどを短期間でやり切らないといけない事態になってしまいます。

余裕をもって退職意向を伝えることが今の職場に迷惑をかけない大きな要素となります。

次の職場に対しても、引継ぎ機関などを考慮したうえで、入社日を決めるというようにしていくことが大切です。
引継ぎの抜け漏れがなく、トラブルが何も起きない状態で次のステージにいくというのは好印象なことです。

わかりやすく思っていることを伝えることが大事!

退職理由は単純に「職場が嫌になった」など人に対して嫌になったからということではないです。予めご了承ください。
尊重と愛をもって、「ここが自分と合わなかった」「もっとこうゆうことをやりたい」など、感情論になるのではなく、
今思っている改善したい事象(自分に対してという目線がベスト)をきちんと伝えることが大切です。

会社としても、なぜやめてしまうのかという原因が知りたいものです。退職者をできるだけ出したくないのが職場としての考えなので、
次回以降に改善できることがあればという参考として聞きたいものなのです。

上司が嫌いだからなどの感情論は絶対言わないようにし、どうすればよりよくなるかを考えていることを伝えていくことが大切です。

後腐れなく去る者の研鑽しあえるメンバーとは仲良く!

退職するとは言ったものの、お世話になった場所には変わりありません。
共に助け合ったメンバーやスキル成長に協力してくれたメンバーなど少なからずいるものだと思います。
どうしても離れなければならないということでなければ、せっかくのご縁です。継続してビジネスマンとしての仲間としてこれからも励ましあったりしていくようにしましょう。

次の職場でも悩むことはたくさんあるものの、関係値が浅いメンバーに相談しづらいことも多いかと思います。そんなときに頼りにさせてもらってはいかがでしょう。

職場とはきれいに離れるべきではあるものの、メンバーとはできる限り仲良くしておきましょう。

法的なルールはしっかりと守りましょう

退職は意思を伝えるとOKというものではありません。「就業規則」や「就業時に取り交わした雇用契約書」などの法に基づきあなたは働いているのです。
そこで記載されている「退職規定」はあらかじめ目を通しておきましょう。
また法的に決まっているもの以外に、その職場での暗黙の了解として決まったルールもあるかもしれません。

また気をつけなければならいないのは、退職後の規定などもあったりします。
例えば、以下があげられます。

・同業者への転職は不可
・クライアントを次の職場では関係を持ってはいけない
・今の名刺は完全に現会社に引き渡してから退職する

退職時と退職後のルールをしっかりと押さえ、今の会社、これから行く会社に迷惑が掛からないようにしましょう。

引き止めに対して揺らがない

退職意向を伝えると避けて通れないのが、「辞めないで残ってくれコール」です。引き止められると後ろ髪惹かれてしまうのが人間です。
けどここで、揺らいでしまってはこれから行く会社、明日の自分に申し訳が立ちません。

決めた以上きちっと気持ちを固めて真摯な気持ちで退職をすることが大切です。
もし引き止めに応じ残ってしまっても、一度退職意向を伝えてしまっているので、これからの昇給や関係性、当事者のモチベーションが上がりません。

決めたものは決め切る!転職はある意味いいステップアップになります!

まとめ

転職とはポジティブな要素だけではありません。今の会社に迷惑が掛からないようにすることを徹底しましょう。
また、せっかく入社してお世話になった場所でもあります。
感謝の気持ちを忘れずに最終的には「感謝しています!大変お世話になりました」というビジネス社会上の和を乱さないことが大前提となります。

せっかく手に入れた仲間やご縁も大切にすることがマストです。
退職日までの期間は有意義に、みんなへの感謝を忘れずに精いっぱい頑張っていきましょう!